【CyclingEXアーカイブ】自転車の各チューブが担う役割とオーダー車ならではの「最適化」: CHERUBIM/今野製作所・今野真一さんに聞く

近年のロードバイクは、フレームサイズごとに最適な性能を実現するために、フレームの各部を調整するのがトレンドです。例えば、大きいサイズと小さいサイズとでヘッドのコラム径を変えたり、各チューブの太さを変えたりといったことが行われています。

このような工夫は、スチールフレームのオーダー車では以前から行われていたことでした。つまり、近年になっていきなり出てきた考えではなく、歴史の上に成り立っているのです。

今回は、各チューブが果たす役割や、オーダー車ならではの乗り手に合わせた作り方について、東京・町田にある「CHERUBIM(ケルビム)/今野製作所のチーフビルダー・今野真一さんにお聞きしました。

今野真一さん
続きを読む “【CyclingEXアーカイブ】自転車の各チューブが担う役割とオーダー車ならではの「最適化」: CHERUBIM/今野製作所・今野真一さんに聞く”

【CyclingEXアーカイブ】オーダーフレームの良さって何ですか?CHERUBIM/今野製作所・今野真一さんに聞く

毎年夏から秋になると、各メーカーからロードバイクのニューモデルが次々と発表されます。最近ロードバイクを買ったばかりであっても、ニューモデルの話題はなんだかわくわくするものです。

しかし一方で、もう少し長い目で物事を考えたい——そんなふうに考えることがあります。そして、ふと思い浮かんだのが「オーダー車」の世界。一般的に「フレームビルダー」と呼ばれる人たちがいて、ショップや工房を構え、ひとりひとりに合った自転車を作っているということは、ご存知の方が多いでしょう。

実際にフレームビルダーのもとを訪ねるのは、なんだかハードルが高い行為にも感じます。私も、そう感じているひとりです。大きな自転車店を冷やかしで覗くような気分で、フレームビルダーのもとを訪ねることは、なかなかできません。

Photo_CHERUBIM/今野製作所

幸いなことに、私が生まれ育った東京都町田市には、有名なビルダーで「CHERUBIM(ケルビム)」の名で知られる今野製作所が工房を構えています。チーフビルダーの今野真一さんとは「ハンドメイドバイシクル展」等でお見かけすれば立ち話をする程度の面識はあるので、思い切って工房・ショールームにお伺いしてみることに。そして今野さんに「フレームビルダーにオーダーする」とはどういうことなのか、お聞きしました。

続きを読む “【CyclingEXアーカイブ】オーダーフレームの良さって何ですか?CHERUBIM/今野製作所・今野真一さんに聞く”

【CyclingEXアーカイブ】MTBに乗るとロードバイクにもメリットがある!? ドゥロワー・山路篤さんに聞く

最近再び、MTB(マウンテンバイク)人気がジワジワと高まっているように思います。もちろん、流行り廃りに関係なくMTBはそこにいたわけですが、ロードバイクからスポーツ自転車の世界に入った人たちが、MTBの面白さに注目し始めているようです。

photo_drawer THE CYCLING CLUB

そんなことを感じていたある日、神奈川県大和市にあるショップ「ドゥロワー・ザ・バイクストア」の店長であり、MTBチーム「ドゥロワー・ザ・レーシング」の監督でもある山路篤さんが「MTBでオフロードを走ると自転車が上手くなる」「とくにジュニア世代がスポーツ自転車を始めるならMTBから入るのがよい」と話しているのを聞きました。

それって、どういうこと!?

というわけで、山路さんに詳しく伺ってみました。

続きを読む “【CyclingEXアーカイブ】MTBに乗るとロードバイクにもメリットがある!? ドゥロワー・山路篤さんに聞く”

オリンパスのフィッシュアイボディーキャップレンズ「BCL-0980」を使ってみる

オリンパスの「OM-D E-M5 Mark II」を、レンズキットの高倍率ズームだけで使うこと早2年。ようやく交換レンズ「の、ようなもの」を手に入れました。

それはオリンパス純正の「フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980」。

リンク: 交換レンズ フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye) | 関連アクセサリー | オリンパス:カメラ、オーディオ、双眼鏡

続きを読む “オリンパスのフィッシュアイボディーキャップレンズ「BCL-0980」を使ってみる”

【アーカイブセレクション】岩瀬・旧北国街道の街並み

岩瀬浜を散策し景色を堪能したあと、まっすぐ富山駅に戻ってもよかったのだが、岩瀬には廻船問屋の建物などが残る旧北国街道の街並みがあると聞き、立ち寄った。

三連休で天気もよいが人の姿はまばらで、観光地化されきっていない、落ち着いた街並みが続いていた。もちろん、地元の人たちは「ふだんどおり」暮らしているから、近隣住民や商店の車などもときどき行き交う。そういう旧街道も、悪くない。

続きを読む “【アーカイブセレクション】岩瀬・旧北国街道の街並み”

【アーカイブセレクション】街と海辺から見る立山連峰

「富山といえば立山じゃんね!」と思い浮かんだのは、実は航空券を手配したあとのことだった。

ひとつ前の記事でも紹介したけれど、こうやって街中からちらちら見える(というには存在感がありすぎるのだが)立山、すごくよい。

続きを読む “【アーカイブセレクション】街と海辺から見る立山連峰”

【アーカイブセレクション】富山で路面電車ざんまい

今回の富山行きに明確な目的があったわけではないが、とりあえず路面電車には乗るべきだろうと思った。朝、とりあえずシェサイクルで富山駅方面へと軌道線沿いを進む。

意外と車両のバリエーションが多い、富山地鉄の路面電車。こちらはアルナ車両製「リトルダンサー」を導入した、T100形・サントラム。

続きを読む “【アーカイブセレクション】富山で路面電車ざんまい”

【アーカイブセレクション】第一銀行本店を模した「富山第一銀行・旧本店」

成人の日を含む三連休を控えた金曜日、仕事を終えた後そのまま羽田空港へと向かい、第2ターミナルの果てのほうにある70番搭乗口からANAの富山行き最終便に乗り込む。

お行儀よく乗り込んで、19時50分の定刻に出発。順調なフライトで20時50分に富山空港着。いわゆる「マイル消化旅行」だ。

続きを読む “【アーカイブセレクション】第一銀行本店を模した「富山第一銀行・旧本店」”

【アーカイブセレクション】吉原駅から眺める製紙工場

前回の記事で岳南電車に乗り、終点の吉原でJR東海道線に乗り換える。橋上駅舎となっているJRの改札口を抜けると、こんな風景が広がっていた。

吉原は紙の町だ。岳南電車の沿線もそうだったが、大きな製紙工場がいくつかある。前方に見えるのもそのひとつだ。

続きを読む “【アーカイブセレクション】吉原駅から眺める製紙工場”

【アーカイブセレクション】岳南線を走る昭和の電車

沼津から田子の浦までサイクリングした後、岳南電車に寄ってみた。

終点の岳南江尾(がくなんえのお)駅。フォールディングバイクは輪行状態にして、今回は岳南電車に乗ることにした。

続きを読む “【アーカイブセレクション】岳南線を走る昭和の電車”