毎日使えるモンベルの全天候型ハイキングシューズ「ラップランドストライダー」を買った

コロナ禍の在宅勤務は、どうしても運動不足になりがち。だから私はモンベルの「ラップランドストライダー」を買いました。

photo_モンベル

会社勤めで毎日出勤していたときは、毎日コンスタントに8,000〜10,000歩は歩いていました。しかし、コロナ禍で在宅勤務になると通勤がなく、他のフロアに行ったりお昼ご飯を食べに出ることもなくなり、意識して歩かないとまったく身体を動かさなくなってしまいます。

そこで、昼休みと夕方に散歩の時間を設け、意識して歩くようになりました。

散歩楽しい。それでも歩数は減っていた。

そのうち面倒になったり飽きたりするのでは……と思っていましたが、いろいろコースを開拓しているうちに楽しくなり、今日まで続いています。

散歩を続けていると欲が出てくるもので、土の地面を歩きたいとか、雨の日も散歩に出たいなどと思うようになりました。ちょうど愛用のスニーカーがくたびれた時期だったので、毎日使えるハイキングシューズ、できれば防水のものが欲しいと思い、南町田グランベリーパークのモンベルに行きました。

そこで出会ったのが、これ。

ゴアテックス採用のハイキングシューズ「ラップランドストライダー」のメンズ、かつワイドモデルです。正式な商品名は「ラップランドストライダー ワイド Men’s」と言います。

アッパーにゴアテックスが用いられ防水性があり、モンベル独自のソール「トレール グリッパー」が高いグリップ力を発揮するとともに、耐摩耗強度にも優れる——と謳われています。いくつかあるモンベルのハイキングシューズの中でも、ゴアテックスを採用し、かつソールが硬すぎず柔らかすぎずということで、ショップスタッフが勧めてくれたのがこれでした。

ワイドモデルがあることも、購入の決め手となりました。普段27cmか27.5cmのシューズを買うことが多いのですが、店頭で足長を測ると26.5〜27cmでした。しかし、通常モデルの27cmだと足の甲がキツいのです。そこでワイドモデルの27cmを試すと、ちょうどいい感じ。通常モデルの27.5cmをシューレースをしっかり締めて履くのもありですが、ワイドモデルがあるならそちらを選択しない理由はありません。

購入してひと月ほどが経ち、あえて8割はこのラップランドストライダーを履いてみていますが、1週間ほどでだいぶなじんできたように思います。当初は「とはいえ硬いよね」と感じたソールは、指の付け根あたりが少し柔らかくなってきて、全体としては「適度な硬さ」という印象。ふにゃふにゃせず、自分にとっては街中でも歩きやすいです。

適度な硬さは、自転車に乗るときにもぴったり。土踏まずの先のところでペダルを漕ぐときに、ソールが過度に曲がらないので、面で踏んでいる感じになります。おかげで、疲れにくいというメリットがあります。

あと、私はちょっと舗装が悪いところや継ぎ目、段差などでわりと足がズルッとなりやすいクセがあるのですが、そういう機会が減ったように思います。近所のすべりやすい坂道を下る際の安心感も、高まりました。これは「トレール グリッパー」のおかげかもしれません。

こんな感じの道が私を誘っています

だいぶ足になじんできて、散歩のよき相棒となっているラップランドストライダー。ちょうど、昼休みの散歩コースに取り入れられるちょっとした山道を見つけたので、近いうちにラップランドストライダーを履いて、入ってみたいと思います。

●モンベル ラップランドストライダー ワイド Men’s
価格:13,800円(税別)

リンク: モンベル | オンラインショップ | ラップランドストライダー Men’s

リンク: モンベル | オンラインショップ | ラップランドストライダー Women’s

リンク: モンベル | オンラインショップ | ラップランドストライダー ワイド Men’s

[AD]

E-M5-MK3-14150K(SLV) オリンパス ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」 レンズキット(シルバー)

投稿者: wagtail_sugai

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業のオフィシャルブログ、ユーザー事例、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。

毎日使えるモンベルの全天候型ハイキングシューズ「ラップランドストライダー」を買った」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。