首都圏で気軽に非電化ローカル線を体感できる関東鉄道

個人的に、首都圏で気軽に訪ねることができる非電化のローカル線と言えば、高麗川〜高崎の八高線が思い浮かぶ。しかし、茨城県の関東鉄道もなかなかのものだ。

八高線の非電化区間そのものは決して便利とは言えないものの、接続する路線が多いからアクセスは悪くない。私は八王子から高麗川に向かい、高麗川始発のディーゼルカーで高崎まで行くのが好きだ。高崎からは、湘南新宿ラインなり新幹線なりで帰ってくればよい。

一方の、関東鉄道。

土曜日、ふと思い立って関東鉄道竜ヶ崎線に乗ってみた。北千住から常磐線の快速電車(昔でいう“中距離電車”とか“普通電車”のあれ)で、つい最近まで佐貫と称した龍ケ崎市駅に向かった。龍ケ崎市駅に隣接する関東鉄道の駅は、佐貫駅のまま。

龍ケ崎の街はコロッケで知られるらしく、吊り革がコロッケ!

竜ヶ崎線はたった4.5kmで、途中駅はひとつだけ。あっという間に竜ヶ崎に着いて、少し街を散策した。

この光景、茨城県内の古い街並みっぽいといえば、っぽいのだろうか。

もちろん、コロッケも買った。

北千住から龍ケ崎市までは、常磐線快速の土浦行きとかに乗れば、40分弱。そして竜ヶ崎線も1時間に2本の頻度だ。ちょっと乗って、終点で降りて散策し、コロッケ買って食べて、帰る——という感じで、コンパクトに楽しめる。常磐線はグリーン車に乗れば、旅の気分だって盛り上がるだろう。

調子に乗った私は、翌日の午後、守谷駅にいた。

北千住からつくばエクスプレス(TX)の快速に乗ると、守谷があまりに近くて驚く。そして近代的な駅舎のエスカレーターを降りると、関東鉄道常総線のホームがある。昨日は竜ヶ崎線、今日は常総線というわけだ。常総線は取手と下館を結んでいるが、2日連続常磐線もつまらないなと思い、TX経由にした。

ここでも、1両(単行)のディーゼルカーだ。ただ、水海道までは結構お客さんが乗っているし、下妻まで乗っている人も多かった。日中、取手〜下妻は1時間に3本走っているし、乗客が少ない下妻〜下館でも1時間に2本ある。

車窓は、進行方向右手に筑波山を見ながらの田園風景。iPhoneで縦動画を撮って、インスタのリールに投稿してみた。

終着駅の下館では、真岡鐵道のディーゼルカーもチラッと写っている。週末、タイミングが合えば真岡鐵道の蒸気機関車にも会えるだろう。

下館から水戸線の電車に乗れば、宇都宮線・東北新幹線の小山駅も近いのがありがたい。水戸線は1時間に1〜2本、小山駅では日中、湘南新宿ラインと上野東京ラインが1時間に2本ずつやってくる。水戸線の本数が常総線より少ないから、駅前が寂しい下館で少々持て余すくらいか。

東京の西側からでもちゃんと早起きして出かければ、竜ヶ崎線〜常総線を1日で乗り通すのは余裕。うまくスケジュールを立てて再訪したい。

リンク: 関東鉄道|地域のふれあいパートナー

[2022/5/28 追記] 街並みの写真と記述を加えました

[AD]

Nikon ミラーレス一眼カメラ Z fc Special Edition キット NIKKOR Z 28mm f/2.8 SE付属 ZfcLK28SE

投稿者: wagtail_sugai

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれの町田市育ちで、現在は川崎市在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。クロスバイクと小田急ロマンスカーが好き。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。