ホンダが単気筒モデル「GB350」の情報を先行公開

ホンダが、単気筒エンジンを搭載したバイク「GB350」の情報を先行公開しています。インドで発売されていた「H’ness CB350(ハイネスCB350)」の日本市場向けモデルです。

情報源: GB350先行情報ページ | GB350 | Honda

ヤマハ・SR400の終焉を見計らったうようなタイミングでの登場ですね。

H’ness CB350 photo_インドハンダ

情報源: H’ness CB350 | Honda

クラシカルなデザインをもつ普通二輪クラスの国産単気筒モデルは、各社とも生産中止となってそれなりの時間が過ぎ、ついにはSR400もなくなるという中で、GB350の登場が話題とならないはずがありません。

情報源: GB350先行情報ページ | GB350 | Honda

詳細はホンダのWebサイトや各社の媒体で見ていただくとして、この記事では「ホンダ・GB」について振り返っておきたいと思います。

GBと聞いてすぐに思い浮かべるのは、やはり「GB250クラブマン」です。

photo_ホンダ

こちらは、1983年の12月に発表されたモデル。RFVC(放射状4バルブ方式燃焼室)単気筒エンジンは排気バルブが2つあって、エキパイが独立しているので「ツイン?」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、ちゃんと?単気筒です。

情報源: Honda | 伝統的なスタイルと最新のメカニズムを調和させたスポーツバイク「ホンダ・GB250クラブマン」を発売

photo_ホンダ

1989年にはより洗練されたスタイルになり、1997年モデルまで存在しました。ロングセラーモデルだったのです。

もうひとつ、こちらも忘れてはなりません。

photo_ホンダ

1985年に登場した「GB500/400ツーリストトロフィー」です。ロケットカウル付きの「Mk2」もありました。今見てもたいへん凝ったデザインですが、少々凝りすぎであった面も否めませんでした。

情報源: Honda | 伝統的なスタイルのロードスポーツバイク「ホンダ・GB500/400ツーリストトロフィー、GB400ツーリストトロフィーMkII」を発売

photo_ホンダ

1987年には400がマイナーチェンジ&特別仕様が登場しますが、500はカタログ落ちとなります。400もその後はカタログ落ちし、短命なモデルライフでした。ただ、明らかに「好きな人は、好き」なカタチをしており、90年代の中古市場でも意外と底堅い値動きだったと記憶しています。

情報源: Honda | 伝統的なスタイルの単気筒ロードスポーツ「ホンダ・GB400T.T.」の特別仕様車を発売

久々に帰ってくる「GB」の名前。GB350は、どのように受け入れられるでしょうか。

[AD]

E-M5-MK3-14150K(SLV) オリンパス ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」 レンズキット(シルバー)

投稿者: wagtail_sugai

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業のオフィシャルブログ、ユーザー事例、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。