「いつかやろう」と思っているけどできないあなたへ『「薄い財布」の社長が明かす ミニマリスト仕事術』

書名に「仕事術」と入っているけれど、仕事だけでなくプライベートを充実させるためのヒントもたくさん詰まった1冊です。

[大和出版より献本をいただき、紹介しています]

著者の南さんはいろいろな顔を持っているように見えるけれど、この署名ではヒット商品である「薄い財布」の人であることが前面に出されていますね。

アパレルブランドの人であり、クアラルンプールで飲食店を経営する人でもあり、最近は富士山のふもとに1日1組限定のホテルを作った人でもあります。

リンク: 南和繁 プロフィール | バリューイノベーション株式会社 代表取締役

リンク: SUPER CLASSIC (スーパークラシック) | abrAsus(アブラサス)、SUPER COMSUMER(スーパーコンシューマー)のプロダクトを取り扱うストア

次々とプロジェクトを立ち上げカタチにしつつ、遊ぶときは徹底的に遊ぶ南さんが、どんなふうに時間を使っているのかを明かしているのが、本書です。

ライフハック本ではありません。

Excelの時短術も出てきません。

ショートスリーパーでも健康を維持する方法が書いているわけでも、ありません。

ミニマリストと書いてあるけど、モノを捨てる話でもない。

ひたすら、「時間を上手に使う方法」が実例をもとに書かれている——と表現しても過言ではないでしょう。しかし、繰り返しになりますがライフハック本ではないのです。

「いつか○○したいと思っている」

誰でも一度くらいは口にしたことがあるのではないでしょうか。やりたいと思ってはいるけれど、なかなか実行に移せないこと。

「やるべきことが多くて何からやったらよいのかわからない!」

仕事でもプライベートでも、何から手をつけてよいのかわからなくなること、ありますよね。

1日は25時間になったりしないし、睡眠時間を削ってもよいことなどありません。

じゃあ、どうすれば!?

本書は、心のもちようから今すぐ実践できるアイディアまで、時間を上手に使い、やりたいことをやり、逆に捨てるべきものはバッサリ捨て、日々を充実させるためのネタが満載です。そして読後には、南さんのいうところの「ミニマリスト」が理解できることでしょう。

「薄い財布」の社長が明かすミニマリスト仕事術

成功する人は「自分にとっての最小限」を知っている

第1章「常識」をリセットする
毎日の当たり前をひっくり返す「ミニマリスト思考」

第2章「24時間」を操る
1日の価値を凝縮する「意味のない習慣」の捨て方

第3章「仕事の濃度」を高める
期限に追われなくなる優先順位の決め方

第4章 仕事を「ゲーム化」する
オンとオフの区別を捨てて自分を磨く法

第5章 ミニマルな「コミュニケーション」を極める
人を動かす伝え方・関わり方の秘訣

第6章 「ミニマリスト」として生きる
幸せな人生を送るために一番大切なこと

南 和繁(著)
大和出版
定価(本体1600円+税)
リンク: ミニマリスト仕事術 南 和繁

[AD]

「薄い財布」の社長が明かす ミニマリスト仕事術

投稿者: wagtail_sugai

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。クロスバイクと小田急ロマンスカーが好き。

「いつかやろう」と思っているけどできないあなたへ『「薄い財布」の社長が明かす ミニマリスト仕事術』」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。