【アーカイブセレクション】街と海辺から見る立山連峰

「富山といえば立山じゃんね!」と思い浮かんだのは、実は航空券を手配したあとのことだった。

ひとつ前の記事でも紹介したけれど、こうやって街中からちらちら見える(というには存在感がありすぎるのだが)立山、すごくよい。

富山地鉄の鉄道線に乗っているときも、こんな感じで立山が見えたりする(写真は稲荷町あたり)。

「日本一美しいスタバ」の存在で知られる、富岩環水公園。だいたい、こんな感じのカットで紹介されることが多いかと。

しかし、この公園ではやはり展望台から立山を眺めるべきだと思う。

ただし、気温10℃を超えるこの日でも、風はかなり冷たかった。

富山ライトレール富山港線に揺られてやってきた、岩瀬浜。ここの浜辺から見る山々に、テンションが上がる。ひさびさに「時間を忘れる」という感覚を味わった。

気がつくと日が陰ってきて、よりいっそう寒さを感じるようになっていた。

岩瀬の街並みを散策する前に、定番カットを押さえておいた。

※旧ドメインのWAGTAIL Magazineで公開された過去記事の一部を再編集の上、「アーカイブセレクション」として掲載しています。
初出:2020年1月15日

[AD]

OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M5 MarkIII ボディー ブラック

投稿者: wagtail_sugai

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。クロスバイクと小田急ロマンスカーが好き。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。