モンベル「ウインターサイクルトレーナー ジャケット」で冬のライドを暖かく

真冬にサイクリングを楽しむ上での大敵は、もちろん寒さ。凍えながら走るのは身体によくないし、何より「みじめ」だ。そこで、しっかり保温し、かつ汗で冷えるのを防いでくれるサイクリングウェアが必要になる。

日中の最高気温が10度に届かない首都圏の冬、日没前に帰宅するようなサイクリングであれば、モンベルの「ウインターサイクルトレーナー ジャケット」と「ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ」の組み合わせが心強い。

着用しているのは旧カラー

ウインターサイクルトレーナー ジャケットは、前面に防風フィルムが封入されたサイクリング用のソフトシェルジャケットだ。一般的なソフトシェルジャケットと異なる主な点は、袖の部分が自転車の乗車姿勢に合わせて立体断裁されていることや、背面素材が通気性とストレッチ性を重視したものになっていることなど。サイクリングウェアに必須の背面ポケット(反射素材付き)も備えている。

裏地は起毛フリースになっていて、中は薄着であっても十分にあたたかい。また、同じくモンベルの「サイクルシェルジャケット」よりも実は少し余裕のあるシルエットになっていて、内側に何かもう1枚着てもモコモコしにくいのは利点だ。

ただ着てみただけだと「やけに袖が長いな」と感じるが、それもやはり、自転車の乗車姿勢を考慮してのこと。グラベルロードバイクにまたがってドロップハンドルを握ってみれば、動きやすさが確保されていることを体感できる。

もちろん、もっとタイトな着心地を好む人はいるだろうから、できれば店頭で試着して購入するのがよいと思う。

ちなみに私が着用しているのは旧カラーで、現行製品はブラック、レッド、ブルーの3色展開となっている。私がモンベルストアに行った昨年暮れのタイミングでは旧カラーと現行カラーが両方とも店頭にあって、このカラーが気に入って購入した。

ウインターサイクルトレーナー ジャケット photo_モンベル

気温が9度くらいで、陽が沈んで冷え込む前に帰宅するのであれば、ウインターサイクルトレーナー ジャケットの内側に「ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ」を1枚着るだけで(個人的には)大丈夫だ。陽が傾いて風も冷たくなったときに備えて、ウインドブレーカーを携行すればよい。もっと寒ければ、インナーにサイクルジャージを1枚着るのがおすすめだ。私は寒さに応じて、内側に半袖ジャージを着ることもある。

ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ photo_モンベル

「ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ」は、製品名に「サイクルアンダーシャツ」とあるようにサイクリングに特化させてある。この製品は「M.W.(ミドルウェイト)」を名乗るものの、背面と脇は速乾性を重視して「L.W.(ライトウェイト)」が配されているし、背中も長めのデザインだ。

もっと寒いエリアに住んでいれば話は違ってくるだろうが、個人的には今年の冬のサイクリングウェア(の上半身)は、この組み合わせで決まり。もちろん、ボトムスやシューズカバー、グローブ、そして頭まわりの保温アイテムといった小物も忘れないようにしたい。

また、繰り返しになるができれば店頭で試着して購入したいところ。見た目だけの判断では、なかなか想像どおりのフィット感とはいかないものだ。「サイクルシェルジャケット」とどちらにするか悩む人も多いと思うが、実際に店頭で比べてみるのがいちばん確実なのは間違いない。

ウインターサイクルトレーナー ジャケット:13,750円(税込)
リンク: モンベル | オンラインショップ | ウインターサイクルトレーナー ジャケット

ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ:4,400円(税込)
リンク: モンベル | オンラインショップ | ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ

※製品情報は本稿掲載時点でのものです

[AD]

Nikon ミラーレス一眼カメラ Z fc Special Edition キット NIKKOR Z 28mm f/2.8 SE付属 ZfcLK28SE

投稿者: wagtail_sugai

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれの町田市育ちで、現在は川崎市在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。クロスバイクと小田急ロマンスカーが好き。

モンベル「ウインターサイクルトレーナー ジャケット」で冬のライドを暖かく」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。